高校受験のコラム

高校受験の前に最低限確認しておくこと(私立編)

  • 高校受験するまでにお金はいくらかかるの?

高校受験でも私立を受けるのと受けないとでは学費の面で相当な差がでます。現在あなたのお子さんが、公立中学校に通っているならば、実は私立中学校に通っている人よりも受験の学習費は高いという現象が生まれています。

受験の学習費というのは、塾や参考書にかかる費用のことで、 公立の中学3年生で年間約30万円かかり、私立の中学3年生の場合は 年間約20万という調査結果がでています。これは、私立中学のほとんどが、中高一貫校なため、受験費用がかからないことが原因だと思います。

注意点として、塾の月謝は、夏期講習などの講習代は含まないことを 忘れないようにして下さい。 泣く泣く払っている親御さんが多くみられます。(入塾金を徴収する塾もあります)月謝+講習代になるため家庭への負担は大きいものになってしまいます。

  • 私立の受験代は高いのか?

高校受験(私立)での入学検定料は、大学試験よりも安いですが、それでも公立校に比べると当然高いです。有名な開成高校を例に上げてみましょう。ここの入学検定料は、25,000円かかります。入学金は300,000円かかります。1ヶ月の給料を超えてしまう家庭も多く存在することでしょう。

併願などしたらもっと多くのお金がかかってしまいます。公立の場合はというと、激安です。東京都の場合は、入学検定料2,200円、入学金は5,650円です。受かってから慌てないように十分な費用計画を立ててくださいね。

  • 大学進学率はいいのか?

私立でなくとも公立からの東大合格者も近年増えています。私立に通えば、大学に入りやすいのは今は通用しません。イージースタディをお使いの高校生の出身校は断然公立校が多いです。それでも有名私大に毎年合格しています。つまり、私立に通っていれば合格できるなんていう時代では なくなってしまったということです。私立でなくとも、偏差値を一気に20伸ばす!こういったことは可能です。それは多くの受験生が証明してくれています。

もし、あなたのお子さんが私立に進学希望でしたら、その学校の進学率を徹底的に調べて下さい。偏差値のわりに、有名大学(早慶上智や東大)の進学率が高かったらお勧めです。 高偏差値の学校は、入るのが難しい上に、周りの友人のレベルについていけない生徒が多いとよく耳にします。進学率を見極めることも大事なポイントです。 聞いたこともない大学の進学率が高くても意味がありません。

  • 参考書選びはどうすればよいか?

私立の高校受験をする上では、学校の授業だけでは到底合格することはできません。その高校で出題される問題の癖があるからです。 塾や家庭教師へ行けばいいってこと?そうではありません。通っていなくても成績アップを実現した高校受験生は大勢います。参考書選びが重要です。あなたのお子さんは有名だからこれ買おうっと!!そんな選び方をしていませんか?ひっそりと本屋の片隅で置かれている参考書でも非常に良いものはあります。

有名だから中身も見ずに購入だけはやめてください。

お配りしている勉強法ガイドの中で一番反響があったのが、カリキュラムとスケジュールの立て方の章です。いかに効率よく勉強して、偏差値を手っ取り早く上げるかを目的としたものです。私たちはこの勉強法をご提供することで多くの実績を積み重ねてきました。 志望校の過去問題集は早めにゲットしなければなりません。 現在は、本屋にいかなくてもネットで購入できる時代になりました。是非活用して下さい。

  • 私立高校の試験対策はどうすれば良いのか?

私立の試験は過去問を分析をすればするほど、大幅に点数アップすることができます。勉強法ガイドにも記載していますが、分析する方法を吟味していくと、一番最初に勉強すべき単元、後回しに勉強する場所はどこかが明確になる勉強の効率化が進んでいきます。一番最初に行うべきことは、志望校の試験でどの単元が出ているかチェックすることから始めてください。

  • 高校受験で私立と公立で悩んでいる、どうすれば?

どちらに行くとしても、一番大切なのは3年間その学校で勉強、部活を頑張ることができるか?楽だから、推薦で行けるから私立に行くという方もいますが、最終目的が大学受験ならば簡単には決めない方がいいでしょう。学校を比較検討することで見えてくることがあります。

例えば野球部に所属していて、高校へ行っても甲子園を目指したいというのであれば野球環境のいい学校を選ぶことで満足度は高まります。経済的に厳しいという理由があるのならば公立校を選択するなど何を一番に考えるかで答えは変わってくるので、何を一番重視したいのか紙に書き出してみるといいでしょう。

高校受験の前に最低限確認しておくこと(公立編)

  • 公立校にはいい教師がいないという噂は本当ですか?

嘘です。断言できます。確かに私立校では独自の採用試験を用いているので優秀な人が集まりやすいといった面はあります。しかし、公立校の教師も一生懸命、子どもだちのために勉強し、どのように授業をやったら理解しやすいか考えています。現在は、昔と違って結果が給料に反映することもありますので、公立校だからいい大学へ行けない、いい教師がいないといったことはありません。

  • 最近の高校受験(公立校)の流行は知っていますか?

一昔前までは、授業で習った以外のことも出題されていました。しかし、現在は学校の授業で習ったことを重視するようになってきました。ゆとり教育が始まり、年間の授業時間は大幅に削減されました。 学校で習うこと以外のことが出題され、反発が出て文部科学省には非難ごうごうです。

以前に比べ確実に推薦枠が増え、内申点の比重が高くなっていることはご存知だと思います。そういった面からみても、中学校の授業は非常に重要なウェートを占めます。塾で新しいことを習うよりも学校の授業を理解することに時間を割いた方が公立校の場合は合格にグッと近づきます。

  • 公立校の傾向はどうなのか?

上で書いてあるように、学校の授業中心が公立校の基本です。あなたのお子さんは、特別なことを勉強する必要は一切ありません。勉強法ガイドに書いていますが、偏差値を上げるほど簡単なことはありません。受験には徹底した受験戦略が必要です。購入者の方で、偏差値27だったお子さんをもったお母さんがいました。どこにも受からないと言われていた子が偏差値60をたたき出し合格。これは特別なことでもなんでもないのです。勉強法さえ確立してしまえば、成績アップすることは可能です。

  • 塾の選び方を教えて下さい。

中学受験では、各塾のパターンによって紹介してきました。高校受験もほぼ同じなので、中学受験の塾のところをお読みになってください。 それぞれメリットもデメリットをあると思うので、高校受験をしていく上で、どのタイプの塾がいいかは明言できません。あなたのお子さんが合格するかどうかは、お子さんに合った勉強なのか?そうでないのか?これだけです。

うわさや評判、他人の実績などに振り回されることは絶対にしないで下さい。 また、塾に通っているから偏差値が上がるわけでは決してありません。 よく考えてみて下さい。なぜ、成績がいい子と同じ塾に行っているのに差が出てしまうのでしょうか?塾が悪いのでしょうか?そうではありません。再々申し上げている通り、勉強のできる子どもは勉強法を確立しているからに違いありません。そうでなければ、同じ時間勉強しているのに差が出るわけがありません。人間の能力には、さほど差がないというのは科学で証明されています。

  • 入試問題の学年別比率って何?

高校受験で公立校志望の場合は、学校の授業が中心ということはさきほど説明しました。しかし、いったいどのくらいの比率で出題されているのでしょうか?全国的な調査をしたわけではありませんが、平均的な数値をご紹介しておきますので参考にして下さい。

まず、中学1年生の教科書から出題される比率は、35パーセント 次に、中学2年生の教科書から出題される比率は、40パーセント 最後に、中学3年生の教科書から出題される比率は、25パーセントこうやってみると、中学1年・2年の勉強がいかに重要かが分かります。でも、たとえお子さんが現在中学3年だとしても、成績アップするチャンスは十分にあるので焦らないで下さいね。

  • 公立高校と私立の最大の違いは何?

違いは私立校では受験対策が公立校より細かい点です。選抜クラスなどを作ったりと学生たちが集中しやすい環境作りに力を注ぐ傾向にあります。公立校の場合は柔軟に対応することがなかなかできない現状があります。しかしながら、昔とは違い補修やワンポイント講座など、受験前に設ける学校も多くなってきました。また総合学習などで塾の講師を呼び授業展開する学校もあります。