中学受験のコラム

中学受験の前に最低限確認しておくこと(大手塾編)

  • 月謝の割りに先生の対応が良いか?

大手塾は、非常に一流の先生が揃っている分、ご存知の通り月謝は非常に高いです。 例えば、小学校4年生~6年生まで通ったと仮定すると、約190万くらいかかってしまいます。注意点として、月謝のほかに、春期講習・夏期講習・冬期講習・直前講習が大手塾の場合は必ずカリキュラムとして含まれています。月謝だけでギリギリというご家庭は大手塾の罠に引っかからないようして下さい。

講習を受講しなければ、受からないと言ってくる塾もあります。そんな塾は見限ってよしです!!中学受験で超有名な○○研はそんなことはなく非常に評判が高いですが、 お金はどんどんなくなっていくのが現状です。直前講習といえども10万の出費は、お父さんのおこずかいを減らし、泣く泣く払っているのがほとんどだそうです。当然、月謝+その講習代になるため家庭への負担は大きいものになって しまいます。しかし、高いがゆえに講師陣が一流かどうかは別物です。

安くても一流な講師は腐るほどいます。 東大卒の講師だからといって、一流とは限りません。名前につられないようにして下さい。直接、講師にあって教育理念を聞くパワーも必要です。そこでの対応が上に聞かないと分かりません・・・などとふざけたことを 言う講師は駄目です。上の指示に従った授業しか展開できません。

  • お子さんの成績が低くても、一流の先生で授業を受けることができるか?

あなたは知っていますか?あなたのお子さんが偏差値20台・30台だったら大手塾はあなたのお子さんに興味はありません。大手塾だろうがなんであろうが、会社です。合格実績が利益に繋がるのです。 つまり、いかに合格できそうな実力を持った子を入塾させるかがポイントと なってきます。

合格する可能性が高ければ高い生徒ほど一流の講師の授業を受けられるのが自然でしょう。ですが、合格する可能性が極めて低い生徒を合格レベルまで持っていく凄腕の講師もいるのが大手塾の凄いところでもあります。差別なくそういった講師の授業を受けられることができればあなたのお子さんの合格がグッと近づいてきます。

  • 親御さんの意見を取り入れてくれるか?

大手塾であろうがなんであろうが、お金を払っているのですから、臆せず意見を言うべきです。中学受験は、親子受験と言われるほど親御さんが合格する上で非常に重要なウェートを持ちます。(お子さんが小学生なのですから、仕方ないことです・・・)改善点を上げ、その提案について検討してくれるかどうかをチェックしましょう。取り入れることは中々難しいことですが、はなから否定せずきちんと対応してくれる塾ならば安心です。

  • マニュアル化した授業を行っていないか?

毎年、毎年同じ授業を展開しているならば危険です。中学受験は、情報戦です。どこどこの問題はもう出ない!本当?それ古い情報ではないですよね?マニュアル化した授業を展開する講師は駄目です。参考程度に覚えておいて損はありません。

  • 有名な学校以外の入試情報があるか?

稀に、大手塾にも関わらずあなたのお子さんの受ける学校の情報がない・・・そんなこともあるのです。まずは、あなたのお子さんの最新志望校情報があるかどうかチェックです。無かったら理由を尋ねてください。答えてこない、いいわけに聞こえる・・・そんな塾はおさばらです。

また、灘や開成、慶應義塾などのように、超有名校以外の中学の入試情報もあるかどうか確認しておきましょう。

中学受験の前に最低限確認しておくこと(独立・地域密着型編)

  • お子さんの成績にあったクラス分けができているか?

地域・独立型の塾は、大手塾ほどクラス分けが充実されていないのが現状です。 しかし、中学受験ではお子さんのレベルにあったクラス選びは非常に大切なことです。 よく見栄を張り、○○選抜コースに申し込み・・・よく聞く話です。

お子さんの偏差値55以上なら、難しいコースに申し込みをしても良いですが もし、偏差値が30台・40台でしたら、最初は基礎コースなどを申し込み、 お子さんが息切れしないような環境作りを行う必要があります。 大手塾でなくても、こういったクラス分けがされているところがあります。 そういった視点でも塾を選んでみて下さい。

  • ただ勉強を教えれば良いという姿勢が感じられないか?

実際に当センターに送られてきたメールの内容です。 あるお母さんは、小学4年生のお子さんがいて、家の近くの塾へ通わせていました。 しかし、いっこうに成績が上がりません。 そのことを塾の講師に相談を持ちかけたら、とんでもない返答が返ってきたそうです。

「私はきちんと教えています。あなたの息子さんが勉強していないからです・・・」 あちゃ~(泣) それを講師が言ってしまったら終わりです。 そもそも、ほとんどの人は勉強なんて嫌いです。ですが、それをどうにかして好きにさせるのが プロの仕事であると私たちは思っています。

ですから、授業に工夫を持たせ、いかに子ども達に興味を引かせるかが 重要になってきます。 ただ勉強を教えるのであれば、大学生ぐらいのレベルで教えられます。

  • 合格率○○パーセント!!と誇張しすぎていないか?

格率を誇張している塾が最近目立ちます。なぜならば、生徒が減少し、塾生の確保が難しくなっているからです。残念ながら、中学受験者数は増えています・・・その情報が正しいかどうかを判断しなければなりません。まず、ありとあらゆる塾のパンフレットを取り寄せます。

合格実績欄を見ます。A塾慶應義塾30名合格、B塾慶應義塾10名合格もし、大手塾より多い人数が合格していたら少し疑いの目を持って下さい。嘘を記述することは犯罪ですので、可能性は低いのですが慎重な目を持つことも大切です。

また、合格率○○パーセントと書いてあっても、どこの中学校に合格したか明記していないところは怪しいです。レベルの低い中学校に合格してても、合格しているのは事実ですからパーセンテージは上がります。

  • 分からない問題を質問したら、すぐ解答してくれるか?

分からない問題に答えてくれない塾はNGです。 生徒数が大手塾ほど少なく融通が利くのが、独立・地域型の塾の最大の売りです。 よって、お子さんに分からない問題を聞いてみなさいと助言してみてください。 すぐ答えられれば、その講師は優秀です。 実は、答えられない講師もけっこういます。

  • 受講生からみた講師の評判は上々か?

独立・地域型では、受講生、または親御さんの情報が入ってきやすいと思います。親御さん同士の情報だけでなく、受講生の評判が上々かどうかも大切なことです。大手塾でなくとも、素晴らしい塾は沢山あります。独立・地域型の塾の方が、合格する率は高い場合もあります。

受講者数÷合格者数の割合で求めることができます。同じ人数が合格していても、受講者数が大手塾よりも少ないので、単純に合格者数だけ見て判断するのは辞めた方が良いでしょう。

中学受験の前に最低限確認しておくこと(個別指導・家庭教師編)

  • 提示する情報は最新のものか?

ご存知の通り、中学受験は情報戦です。 ○○中学校が入学者数を増やしました・・・ ○○中学校の入試問題が変わりそうです・・・ このような情報の入手は、大手塾は非常に早いです。 個別指導・家庭教師型でも、そういった情報に貪欲なところも多くあります。 逆に情報から乗り遅れているところも多くあります。 契約する際にそういった情報を入ってくるのか確認を怠らないようにしましょう。

勉強法ガイドをご購入したお母さんからメールがあり、 驚きの事実を知ることになったのですが、 なんと自分の息子の受ける中学校の情報を知りたいとお願いしたら3年前のものを提示してきたそうです。 お金を払っているのですから最新情報をもらう権利はあります!!

  • 模試などの情報をいち早く教えてくれるか?

これも情報のことですが、模試は絶対に受けなければなりません。多くの受験生がイージースタディで成績アップしたきっかけとなった理由のひとつに 模試を有効に使ったこともあげられます。当然、受けるのは最低条件です。 そのあと、効率的な勉強法によってぐんぐん成績を伸ばしていきました。 模試情報をきちんと教えてくれるならば問題はありません。

どうしても、個別指導・家庭教師型になると、校外模試を受けることが多くなってきます。 模試を見逃したぁ~ そんなことがないようにして下さいね。

  • 学習カリキュラムまたはお子さんの現在の進行具合を文章化して提示してくれるか?

個別指導・家庭講師型 だときちんとした文章ベースでの報告があまりありません。 あなたは、息子さんのカリキュラム・進行具合を文章化して提示してくれるぐらいの 注文をしても構いません。断られたら、なぜ?と引き下がらずに聞いて下さい。 口頭ベースでもきちんとした対応をしてくれるのならば問題はありません。

何度も言いますが、お金で教えてもらうという権利をあなたは買っているのです。 あなたが汗水垂らして働き、稼いだお金を無駄にしてはいけません。 現在、個人指導塾の伸び率が非常に高いのはご存知でしょうか? 月謝はかなり高額ですが、本物のプロ(大学生などはいない)があなたの息子さんだけに 徹底的に勉強を教えます。

どうやら、お金がかかっても質の高い勉強を望んでいる親御さんが多いようです。 文章ベースでの報告をしてくれるところもありますので辛抱強く探して下さい。

  • 最低でも1年以上の講師経験があるか?

中学受験者数が年々増加しているのはご存知ですか?

首都圏でいえば、小学生100人中、15~20人も受験しているデータがあります。 そういった現況から、新規参入してくる業者も増えています。 ですが、講師経験が1年もない講師にあたるほど不幸なことはありません。 新しい塾を選ぶ際は、特に注意をして下さい。 また、家庭教師も大学生を使っているところもけっこうあります。 勉強ができても教えるのが下手な人は沢山います。 早慶上智だからといって、安心♪と思わないことです。 大学生は所詮バイトです。

それでもきちんとした大学生もいますので 補足しておきますが、それを見極めるポイントとして、大学名ではなく、 どんな受験経験をしてきたのか?を調査するということです。 中学受験を経験していなくても構いません。 ただ、塾や予備校に通っていたのか?1日何時間勉強していたのか? 長時間勉強してましたよ~ そんなことを言ったらサヨナラしましょう。

効率化を極限までして超短期間で偏差値を上げた人、 実に様々な人がいます。 力技で合格した人は決して、お勧めできません。 長時間勉強して偏差値が伸びるなんてことは絶対にないのです。

  • お子さんに合わない講師と判断した場合、すぐに変更が可能か?

お子さんに合う人、合わない人、これはお子さんに直接意見を聞くほかありません。 テンションだけを上げて授業をする講師、テンションは低いが教えるポイントは 正しい講師、十人十色です。 あなたのお子さんは楽しそうに勉強していますか? 苦痛と感じていたら中学受験を乗り切ることはできません。 駄目と感じたら、変更できるようなところが最適です。 契約する前にきちんと確認しておきましょう。