大学受験のコラム

大学受験の前に最低限確認しておくこと

  • 大学受験の費用はどのくらいかかるの?

ここでは大学受験そのものにかかる費用を紹介します。国公立を志望している受験生は、センター試験を受けるのがほぼ必須となっていますが、そのセンター試験の受験料は、18,000円。国公立大学の2次試験は、17,000円かかります。私立は、35,000円になります。予備校などに通うと年間で100 万円を超えることも多くなりますので経済的負担を考えるといかに金額を抑えて効率よく勉強することが求められます。

  • 私立大学と国公立大学の差はあるのか?

私立にしろ、国公立にしろ入学してからが勝負です。よく、キャンパスライフを楽しみたいという受験生がいますが、それだけが目的だと大学なんてどこでもいいことになります。入るのが目的ではありません。入ってから自分がどうしていくか、考えてください。もちろん今そんなことを決めることはできないかもしれません。ですが、入学してから自分自身を見つめなおし、将来どうしたいのか?

それを考えることを忘れないで下さい。もちろんキャンパスライフは大事です。さて、ここで親御さんのために私立と国公立でどれくらい学費が違うのがご紹介しましょう。参考程度にお読み下さい。授業料に通学費などを加えた学費が、自宅通いの場合は、国公立で約70万円、私立で約130万円となっています。これに生活費の40~50万円を加えると、合計金額は国公立大学で約120万円、私立大学では約180万円となります。これが地方の学生だと、とてつもないお金が飛んでいきます。

年間の生活費が約130万と言われています。大学時代の友人も仕送りが10万という学生が多かったのを思い出します。つまり学費+生活費を合計すると、私立の場合は260万円もかかる計算になります。留年なく卒業したとしても1000万以上はかかってしまうのが現状です。

  • 大手予備校の実力は?

大手の代々木ゼミナール、河合塾、駿台、多くの予備校がありますがどこにいっても大学に受かるための勉強は教えてくれます。しかし、勉強法を教えてはくれません。大手塾にはカリスマ講師が多数う所属しているのが通例になっています。はっきりいって他を圧倒するほどの実力があります。

ただし、あなたやあなたのお子さんが予備校選びに迷っているのならば、絶対に有名だからという理由ではなく、先輩や通っている予備校生の話をきちんと聞いて吟味して下さい。また、予備校はほとんどが、一括完済です。100万近くの大金を払うわけですので自分に合わない講師だとしても取り返しはつきません。慎重に決めて下さい。単科ゼミでも有名大学に受かる受験生は沢山います。単科ゼミは数万円で受講できますので考慮に入れるのもありです。

  • 模試の重要性は?

中学受験でも高校受験でも模試は非常に大事です。それでも大学受験は必須!!といえるほど大事です。ですからあなたが点数を取る自信がなくても受けなければなりません。戦略勉強法では、模試をどう有効活用するかも書いています。この章は、かなりの受験生が実践しています。模試ひとつでも成績が激変するチャンスがあります。

普通の勉強法でたった60日で偏差値が30以上も伸びるわけがありません。いかに無駄を省き、いかに効率的に勉強し結果を出すのかそういうことが大事なのです。自分にとって有効と感じるものは、とことん使いまくり、不要と感じたら容赦なく切るこれが私の受験戦略です。模試は絶対に受けて下さい。予備校に通っていなくても公開模試はあります。そういった情報を逃さないようにして下さい。

  • 偏差値が低い人と高い人の違いは?

あなたの志望校は東京大学ですか?あなたは知っていますか?東京大学に合格した人の大半は、ガリ勉ではないことを。面白いデータがあります。東京大学に受かる人は小さい頃から勉強していたというイメージがありますがそんなことはないのです。小学校6年生の勉強時間で、1日0時間だったという合格受験生が約 30パーセント中学3年生の勉強時間で、1日0時間だったという合格受験生も約30パーセント高校3年生では、6時間以上勉強していた合格受験生が約30 パーセントいずれも勉強時間の中でトップのパーセンテージを叩き出しているものを紹介しています。驚きの結果です。

このデータから何が言えるのか?

結局、東大に合格している受験生は、効率よく時間を使い勉強しているということになります。ほとんどの学生は偏差値が低いときはガムシャラに勉強をする傾向にあります。1日10時間以上勉強していた時期もあるかもしれません。でも、効率よく勉強する技を身につけたら勉強時間は減ります。勉強時間と成績は比例しません。偏差値の低い人は無駄な時間を多く使い勉強しているのです。

  • 大学受験の倍率に騙されてはいけないの?

毎年1月2月になると、インターネットで「倍率・大学」という検索ワードが上位にランクインされます。倍率が高いから受からない?そんなことはありません。例年合格ラインの点数はほぼ同じです。高いからといって不安になる必要は全くありません。

低いところは確かに狙い目になります。併願するときは、1つは倍率が低い大学を選んでおくと良いでしょう。受験生は倍率に非常に神経的になりますが、あなたはそこまで神経的にはならずに10倍?そんなの受かってやるぜ~そんな精神力を持った受験生になってほしいと本気で思います。